キャシングの審査について

キャッシングの審査における利用目的

キャッシングの審査では、必ず記入しなければいけないのが利用目的です。なぜお金が必要なのかという事を記入しなければいけません。実はその記入の内容によって審査が通ったり通らなかったりすることもありますので、この辺りは確認しておくべきものです。

 

まず、大まかな基準ですが、日常的な金欠といったものはあまり高評価されません。マイナスとなります。ですので、生活費がたらないといった理由では否決されてしまう場合もあります。一方で非日常の出費で必要な場合には審査が突破できることもあります。

 

貸し手側の気持ちになって考えてみて下さい。
あなたがお金を貸す側の立場だったとして一番貸したくないのはどういうタイプの利用によるものでしょうか?あまり具体的にならずにまずは大まかな○○というタイプという形で大きな枠組みで考えていきましょう。

 

答えは簡単ですね。
一番お金を貸したくないのは「返済出来なさそうな利用によるもの」ですね。意図的に返さないというのは人間的な問題なのでもはや論外として、ここは利用目的と返済の可能性という切り口で考えていきましょう。そうするともっと具体的にどういう利用目的が好まれて、どういう利用目的が好まれないのかが見えてくるでしょう。

 

返済が出来なさそうというのは、つまり、今後もその人の収支が改善しなさそうという風に言い換えることが出来ます。つまり、日常的に発生するお金がすでに足りていないような実態が見えてきてしまう利用目的は好まれにくいということです。例えば、食費はどうでしょう。食費が足りない生活をしている人が、いったいどのタイミングでお金を返すことが出来るでしょうか?また、他社への返済。他社への返済が滞っている人はやはり、お金を返してくれる可能性は低いと思います。

 

ですので、利用目的としては

 

  • 突発的な資金用途は好まれやすく
  • 日常的な資金用途は好まれにくい

 

という傾向があります。海外旅行に行くためにお金が必要であるといったものでしたら、問題なく審査を突破できる可能性もあります。また、飲食代などといったものも非日常のケースが多いので、審査に通りやすくなる傾向があります。また、これは言わずもがな、なのですがギャンブル目的では借り入れすることができません。ギャンブルではさらに借金を重ねてしまうこともありますので、そういった利用は絶対にしないでください。その点に十分に気を付けて、大手のキャッシング会社から借入先を選んでいきましょう。